個人的に表彰楯を作成する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントや大会などではなく、何かの節目の時に表彰楯を作って贈ることもできます。結婚式や卒業、退職記念などに心を込めてプレゼントする人が増えています。この場合はセミオーダーがおすすめで、1つからでも対応してくれる業者を選ぶと良いでしょう。
例えば結婚式では、両親に感謝の気持ちのメッセージを花束や手紙とともに贈るシーンがありますが、このときに表彰楯を贈ることもできます。両家に対しては違うメッセージにする必要があるので、それぞれに対応してくれるところを選ぶことが大切です。
メッセージ以外にも誕生日や結婚式までの日数を刻むなどさまざまなアイデアがあり、喜んでもらえる思い出の品を贈ることができます。また、友人が結婚する場合などは、新郎新婦にプレゼントすることもできます。この場合は結婚式当日の写真を入れてお祝いのメッセージを入れたりすると、素敵なお祝いの品となります。

永年勤続や退職記念に表彰楯をプレゼントする

勤続20年30年といった節目の時に表彰楯を贈ることは多いです。今後のモチベーション維持や意識を向上させるため、現在でも行っている企業が多数あります。
そのときに注意しなければならないことは、商品券や金一封は換金されてしまう可能性があることです。その点表彰楯は換金される心配がありません。
また、賞状と比べると重量感があり見た目が良く、すぐにそのまま飾っておけるという手軽さもあります。
退職記念で渡す場合は感謝の気持ちをメッセージとして形に残して贈ることができるので、贈られる側にも喜んでもらいやすくなります。写真を入れたりとさまざまなアレンジができるので便利です。

モチーフから選ぶ

モチーフのデザインのタイプもあります。サッカーやゴルフの大会では、小さな台の上にサッカーボールやゴルフクラブなどが乗っているものもあり、話題性も豊富です。楽しめるデザインを選ぶと良いでしょう。特に子供向けのイベントでは喜ばれます。
シックさやハイセンスさを表現したいなら、ブラックでまとめられているデザインも人気があります。質感や材質によって全く違うイメージになり、神秘的でクールな印象となります。ブラックミラーを利用する場合でも、周りをアクリルにするのか木製にするのか、ゴールドやシルバーの使い方次第で、近代的にも和風モダンにもなるのでオーダーする楽しみがあります。
形、素材、加工方法、それぞれ種類がありそれを組み合わせることで、思い通りの表彰楯を作ることができます。