葬儀の案内

葬儀の際に身に飾るアクセサリーのうちでふたえのネックレスはしてはいけません。これをつけると不幸が続くとの意味にとられてしまいます。迷信とは言え、えてして葬式の時に波風をたてるような装飾品はやめておきましょう。装飾品に迷ったのであれば何もつけないのが得策です。
外国映画で諸外国の葬式のシーンを今までに見た経験があると思いますが、葬式の段取りは仏式とほとんど変わりません。教会で葬儀をして、墓地まで棺桶を輸送し、土の中に棺桶を宙吊りにして入れます。その間は神父が聖書の文句を唱えています。棺を埋葬したその場所に木を植えて、樹木の成長を見続ける人も居ます。
友引とは言うのはその名のとおり友を引くとして知り合いが冥土に連れ去られると受け止めた迷信を通じて葬式などを行わない場合がよくあり、この迷信を通じて葬儀場も休むこともあります。逆に友を引くので結婚式などのプレゼントをこの日に贈る場合もあります。
たいていの日本の人たちが死ぬときは仏式で葬式を行ないます。近年も無宗教の葬儀も増えてきましたが、いまだに9割近くの日本人が仏式で葬儀一式を行ないます。なじみ深さもありますし、段取りがきっちりとしているため、深く考えず仏教スタイルで済ませる人が普通です。葬儀社にお願いすると、全ての準備をしてもらえます。

亡くなった故人の家族の場合は礼服を着用しますが、一般の参列者がお通夜や葬儀・告別式に参加する場合は、黒い喪服、もしくは通常のスーツでも大丈夫です。会社帰りなど急きょ立ち寄った通夜などは、むしろ普通のスーツなど平服が自然な場合もあります。明くる日の葬式のときには黒い喪服に着替えてくればいいのです。
お葬式で芳しくないトラブルが、来てくれた人の氏名を間違って記載する事です。特に仕事の上司の呼び名を間違えるとのちのちつらい仕打ちがあるかもしれません。突然の出来事でおろおろしているでしょうが、呼び名間違いは絶対NGです。電話だけのやりとりではなく紙面にしっかりメモしておくことが重要です。

仏教スタイルでなく神式の葬式に参列をすると、二礼二拍手をする儀式があります。玉串を差し出した後で行なうのですが、この際に感情豊かに音を立てて二拍手を行っては駄目です。手を打つ姿勢をとりつつ、両手が触れる瞬間には、力を緩めパチンと音が響かないように工夫してみるといいです。
何らかの事情があり、葬儀に出られないケースでは、代理人を立てる方法もあります。代理の出席をお願いするときは、自分自身の名前で香典袋を包んでおきます。記帳に関しては代理の出席をお願いした人に、香典と同一名を書いてもらってください。まだ、記帳した名前の下に「代」と記してもらってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*