現代の葬式の形があります

お葬式の形には時代によって様々な変化がありますが、まさに今では一般葬よりも家族葬が多くなっています。他の人に気兼ねすることなく進めることができるので、家族との時間を大切にして、亡くなった故人をおもって時間を過ごすことができます。現代の意味では理想的な葬式の形になり、残された家族の心が一致していくことで、故人を偲ぶことができるようになります。そのために葬儀会社でも家族でできるような小さな斎場を用意していることが多く、地域でやっているところではひっそりと家族だけの時間を優先させていることも、今の時代にはあっています。中には現役で仕事をしている人が亡くなる場合がありますが、企業からの申し出を断って家族だけの葬儀をする人もいます。しかし、企業をないがしろにするのではなく、後日訪問していだたくことで、故人の尊厳を守ります。

成熟した大人になることができる葬式

葬式というのは広い意味で悲しみの場でもありますが、旅立ちの時でもあるので残された家族は勇気をもらうことがあります。何よりも人の死について考えることが、そんなに多くはありませんが、長く生きている人にとっては、自分の人生をどのようにして終わらせるかということは、永遠のテーマになっています。家族と過ごしている時間というのは、もちろん生きている証でもあり、またたくさんの恩恵を受けていますし、また家族は人がなくなるということを身近に感じることで、人としての成長をすることができます。葬式などは、様々な人が集まってきますので、少しでも粗相のないように過ごすことに集中することになります。そんなときに社会との繋がりを意識することで、成熟した大人になっていくことができます。マナーなどを学び、人としての大切さを葬儀では感じることができます。

葬式によって新しい発見があります

人が亡くなるということは悲しいことですが、それ以上に新しい発見がある時でもあります。今まで親不幸をしていた人が、亡くなった途端に後悔して自分の人生を改めるようになるのも、珍しいことではありません。また今まで父親の人徳などを感じたことがなかった人が、様々な人が葬式に訪れることによって、今までの父親像とは違った感傷に浸ることもあります。お葬式によって新しい発見があることは、やはり人生にとって大きな役割を持っているということがわかります。普段は何気ない生活をしている人が、たくさんの希望を持って生きていることを実感する時には、やはり人の死に対して直面した時になります。死を意識することは、マイナスなことではなく、むしろプラスになりライフスタイルに影響をしてくるということがいえます。人は時とともに進化をすることです。

34万3千円の「小さな一日葬」。通夜式を行いません。 すべてのプランで必要な物がすべて含まれた金額です。 葬儀プランは定額料金で追加料金は一切不要です。 お付き合いのある寺院のない方は、お葬式でお勤めを行う僧侶を定額5,5万円で手配いたします。 全国3,000箇所の立派な葬儀場を利用できるため、安くていい葬儀を行なうことができます。 適正価格で揃えた、総合葬式サービスの【小さなお葬式】