表彰楯の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表彰楯はさまざまなシーンで活用されています。スポーツ大会、文化祭、社内の表彰、習い事での昇格などがありますが、表彰楯は形や素材などたくさんの種類があるので、シーンに合ったものを選ぶと良いでしょう。
まず既製品のタイプにするのか、セミオーダーのタイプにするのかを決める必要があります。既製品はプレートに名前やタイトルを記入して貼るだけで作成することができます。セミオーダータイプは楯全面にロゴマークやタイトルや文章などを入れることができるので、オリジナリティーがあります。
次に素材をどれにするのか決めますが、木製、ガラス製、ミラー製などがラインナップされています。

表彰楯とトロフィーの違い

表彰楯とトロフィーはどちらも表彰式などにおいてよく用いられるものです。
一般的には人形や彫刻が土台の上に乗っているものや、4本柱で支えていているような縦に長いタイプのデザインをトロフィーと呼ぶことが多いです。カップの形をしていると優勝カップと呼ばれますが、トロフィーに分類されることもあります。
楯とは敵の矢や銃弾などの攻撃から身を守るために使う道具であり、優秀な戦士に贈り物として渡したり、戦いの前の儀式に使われたりしたことによって、優秀者をたたえるものとして使われるようになりました。攻撃を避けるような平面の形をしたものを楯と呼ぶことが多くなっています。
表彰楯はこのような経緯から、スポーツで順位を争いその成績を表彰するようなシーンよりも、個人的な評価を行うときに用いられます。例えばスポーツならばMVP、会社なら退職記念などが向いています。

表彰楯とトロフィーを見た目で選ぶポイント

表彰楯とトロフィーのどちらを選ぶか迷われる方もいらっしゃるでしょう。双方の大きな違いは見た目の豪華さです。大きさが異なるためトロフィーの方がどうしても豪華にみえてしまいます。しかし、表彰楯もデザインや材質のチョイスによっては、十分立派で重厚感のある仕上がりにあります。一般的に大会などでは優勝者にトロフィー、2位、3位の人が表彰楯とすることが多いです。豪華さに差があることで、次の大会に向けての参加者の士気を高めることにつながることもありますが、大きさや材質にはあまり違いを持たせないようにすると、見た目に差が出ず印象が良くなります。それでも迷ってしまう場合や、予算に余裕がある場合には、トロフィーと楯の両方を用意するのもおすすめです。

デザインでお悩みの方は当社でお引き受け致します。 当店で扱っているトロフィーなどの商品は、他店と比較して特別料金であり、お客様にお求めやすい価格となっております。 世代を問わずトロフィーなどを購入したい方であれば、どのような方でもご利用いただくことが可能となっています。 早めにご注文いただくと、通常の3割引きからさらに5パーセント割引させていただくので、お得に購入できます。 表彰楯をセミオーダーで制作できるichikawa-sk